平均足とは

投稿日:

平均足とはローソク足の始値、終値、高値、低値を平均したものです。
平均足はローソク足と違い陽線なら陽線、陰線なら陰線が続く傾向があるので、トレンドを見るのに向いています。
持ち合いの相場では両方に髭が出て、トレンドが出てくると実態が伸び、ひげもトレンドの方向に伸びるようになります。
また、実態が短くなり、ヒゲが上下に伸びてきた場合はトレンドの転換が起こると考えられます。
通常は上昇トレンドの場合は下にヒゲが、下降トレンドの場合は上にヒゲが出ますが、
基本的に平均足の場合はその逆にヒゲが出るのが特徴です。
陽線の平均足の下値一本前の始値と終値の平均なので、安値が前回の半分以上をキープしているとわかります。
なので上昇トレンドの時に下ヒゲは出にくく、ヒゲが出てきた場合は要注意ということです。
また、ヒゲの長さがトレンドの強さを表します。
つまり、トレンドの変わり目ではヒゲが短くなり、実態の色も変わってきます。
しかし、平均速はダマシが多いので、色が変わり始めたからといってすぐに逆バリするのは大変危険です。
少し様子を見るのと、他の指標を参考にするのを忘れないようにしましょう。