そもそもローソク足とは?

投稿日:

ローソク足とは日本から世界に広がった世界3代チャートの一つです。
その他2つはバーチャートやラインチャートがあります。
ローソク足はその名の通り、蝋燭に似ていることからその名で呼ばれています。
ローソク足は一定期間の値動きを表します。
例えば1時間の値動きを表したものであれば、1時間に1本のローソクが表示され、これは時間足と呼ばれます。
5分の値動きを表したものであれば、5分に1本のローソクが表示され、これは5分足と呼ばれます。
さらにローソク足では長さや形で相場の強弱やトレンドを知ることができます。
例えば、ローソク足の実体が長ければ相場の勢いが強く、トレンドが長く続くことが考えられます。
ヒゲが長ければ、ヒゲとは逆の方向に強い力が発生しており、トレンドが変わる可能性があると考えられます。
ローソク足の様々な組み合わせでトレンドを読むことができ、さらにおおまかな流れを平均足でみることが損小利大へとつながっていきます。